育毛 ハゲ

禿げる原因は何か?

禿げる原因にはいろいろな要素があるが、決定的と言えるものを決めるのは大変難しい。
「はげ(禿げ)」になるメカニズムは解明されているため、ひとつひとつ理解して行き、自分が禿げた原因に何が当てはまるのか、探して行くしかないだろう。

はげ(禿げ)とは、本当は“つるつる”である訳ではなく、毛髪が太く長く成長する前に、抜け落ちてしまうため、全体的に薄くなって見えることから「はげた」という風に表現することが正しいだろう。

禿げに至るのプロセス

Lv1.毛根に栄養がいきにくくなる。 Lv2.本来3本1セットの髪の毛なのだが、細い毛が混じって生えてくる。
Lv3.髪の寿命は必ずあるが、その生え変わりサイクルが早くなる。
LV4.毛根細胞が萎縮していき。太い毛を生産できなくなる。
LV5.非常に細い毛(最終的に産毛)になり、つるつるになる。
という、5段階レベルだ。
これら5段階レベル時に、科学的に色々なことを分析すると、禿げが進行するほど、頭皮温度が低下していき、リンパの流れも低下していく結果が得られる。つまり、血液の流れが悪くなると、禿げが進行するということだ。
栄養は、毛細血管などの血管を通り、身体全体に行きわたり、その後、頭皮に回る。
そのため、頭皮に栄養が行くには、血行が良くなければならない。
栄養が行き渡らなければ、髪を生やすための働きをする細胞に栄養が行かないため、髪を生やすための細胞の働きをストップさせてしまうのだ。 そのため、下記のことを気を付ける必要がある。
①血流の流れをよくする(栄養&酸素はやはり重要)
②頭皮を清潔にする。(毛穴がつまると、老廃物の排出ができず炎症になって禿げたり、頭皮をかいで結果頭皮が硬くなる)
③ストレスをためない(ストレスがなんでも悪いような気も、円形脱毛症はその古典的症状)
④良く寝る(成長ホルモンの分泌を促す、コエンザイムも有効か?11時に寝て、12時から2時が成長ホルモンがよくでる)
⑤放射線を浴びない(紫外線対策を行う、細胞の劣化を防ぐ)

現在の育毛剤や抜け毛ケア商品は、これらの対策を行うことで商品開発が行われている模様である。 (M-1毛髪ミストは、頭皮洗浄、血行促進、+α。サクセスは、血行増進。リアップは毛穴洗浄+α。のような感じである。) でも、実際のところ、万人に聞く育毛剤などはまだ世の中に出てきていない。 おそらく、個々のケースによってはげた原因がことなるのが理由だと思う。 病気もそうだが、個々のケースに合わせて抜本的に治療しないと、完治はしないもので、 合わせて治療しない場合は、延命にすぎないのだから。 なので、全ての方に良いという育毛剤系統のものは出ていないと思われる。 もし、劇的に利く育毛剤、増毛材が発明することができれば、ビルゲイツに継ぐ億万長者になることは間違いない。