育毛 ハゲ

M字ハゲとは?

「M字ハゲ」とは、額の中央を残し、Mの形に生え際のハゲが進行していくパターンです。 M字ハゲの原因として、主に遺伝とホルモンが関係していると言われています。 つまり、「5α-リダクターゼ」と「ジヒドロテストステロン」です。 “5α-リダクターゼ”という酵素が頭頂部と前頭部には多いのですが、この酵素によって、男性ホルモンのテストステロンが 悪玉の“ジヒドロテストステロン”という抜け毛を誘発するホルモンに変化してしまいます。 そのため、この酵素が少ない頭のサイドや後ろの部分は、ハゲることがあまりありません。 ただし、頭頂部と前頭部でハッキリと違うポイントがあります。 それは、血液の巡り方です。 ハゲが気になる人は、毎日頭皮マッサージをしていると思います。 頭の部位ごとの温度の変化をこまめにチェックしてみると、 マッサージ後に、頭頂部の血の巡りは明らかに良くなっていました。
それに伴って温度も上がるのですが、前頭部では血行、温度は共に、頭頂部程の、 変化は見られませんでした。 したがって、頭頂部に比べて前頭部は、血管が細いとか、絶対量が少ないことなどで、 運ばれる血液の量が元々少ないのではないかと考えます。 毛乳頭細胞や毛母細胞についてお話をさせて頂いた時にも記載しましたが、血の巡りが悪いと、発毛の司令塔の働きをするこれらの細胞に、栄養が行かないので、細胞を死滅させることになります。また、前頭部に届く栄養が少なくなってしまいますので、例えば、栄養不足などで、血液に養分が足りない状態だと、頭頂部以上に前頭部に届けられる栄養が減ってしまいます。 つまり、生活習慣の悪化により血の状態が悪くなることで、髪の毛への悪影響を頭頂部以上に生え際は受け易いのです。 そんな生え際の髪の毛ですが、一般的に頭頂部よりも薄毛が改善しづらいと言われています。 これも前頭部の血液量の少なさが原因だと考えられます。 M字ハゲの原因は、生活習慣の悪化やストレスなど様々ですし、進行スピードが早いと一般的に言われておりますので、抜け毛が気になりだしたその日から対策されることをおすすめします。