育毛 ハゲ

毛母細胞とは?

毛母細胞は、発毛の司令塔という働きをしています。 発毛の過程には、毛母細胞、外毛根鞘細胞(がいもうこんしょう)、内毛根鞘細胞(ないもうこんしょう)、毛乳頭細胞、脂肪細胞、毛包幹細胞、色素幹細胞、メラノサイトなどたくさんの細胞が巧妙な仕組みで働いています。この他にも、FGF5, TGF-β1などの生体分子も、発毛やヘアサイクルの制御に欠くことができない物質であり、毛の成長期や休止期などによって、それぞれの働きをしています。 これらの生体分子群は、シグナル伝達物質と呼ばれており、細胞間や細胞内を伝達し、必要な時に必要な場所で生産・分泌されています。つまり、「髪が抜けたから新しい髪を生やそう」というシグナルを出し、 “発毛”というプロセスを実行しているのが、シグナル伝達物質の働きです。このシグナル伝達物質を支配しているのが、『毛母細胞』なのです。 ですから、「毛母細胞」が活性化していると、発毛プロセスやヘアサイクルは正常に行われ、生えた毛も丈夫に育毛されるという訳なのです。

発毛と育毛の仕組みと毛母細胞の関係

毛母細胞は、血管に近い部分にあります。 発毛に至るまでのプロセスは、毛母細胞の中で、発毛伝達物質であるBMPやエフリンといった生体分子が、発毛シグナルを出します。その発毛シグナルを受けた毛母細胞や内毛根鞘細胞が活性化し、発毛へと繋がります。 ヘアサイクルの成長期には、成長期に必要な生体分子がシグナルを出し、細胞が活性化され毛が成長します。退行期には退行期の、休止期には休止期のシグナルが伝達され、それぞれの細胞の働きによって一連のヘアサイクルが成されます。 この生体分子と細胞のシグナル伝達を司るのが毛母細胞であり、毛母細胞が正常に代謝されていないと、発毛やヘアサイクルのシグナルを発することも、毛を成長させることも難しい状態となるのです。 毛母細胞が正常に代謝されるためには、頭皮を傷めないヘアケアをする、日々の食事をバランスよくする、睡眠時間を細胞の再生に沿うよう心掛ける、精神的ストレスを溜め込まない、適度の運動をする等、生活全般に気を使う必要があります。 特に、外的刺激となるシャンプー、リンス(コンディショナーやトリートメント)、整髪料、育毛剤などは、絶対に頭皮(細胞)を傷つけるものは使用してはいけません。 ヘアケアや育毛をするつもりが、発毛やヘアサイクルの要である毛母細胞を死滅させることに繋がり兼ねませんので、ヘアケア製品や育毛剤は『安全性』を重要視して選ぶことが大切です。