育毛 ハゲ

毛髪の構造と育毛

 毛髪は、肌の角質層が変化してできた、皮膚の一部です。
毛髪の主な成分は「ケラチンタンパク質」という最も硬く強度の物質です。
ケラチンタンパク質の表面は、外部からの刺激から守ってくれる役割を果たす、“キューティクル”に覆われいます。
“キューティクル”は、良く耳にすると思いますが、“髪のツヤ”と表現される部分です。
ケラチンタンパク質は、18種類のアミノ酸が結合したもので、毛髪の主成分の99%を占めているのです。
 ケラチン以外の成分では、メラニン色素があります。このメラニン色素は、毛髪の色にも深く関係しています。
 その他は、ほんのわずかな鉄や銅などの金属も毛髪には含まれています。
 タンパク質を構成しているアミノ酸のうち、9種類の「必須アミノ酸」といわれる成分は 、私たちの体内では作り出すことができません。このタンパク質を構成している「必須アミノ酸」の中には、食事からしか補うことができないものもあります。
 
これらの18種類のアミノ酸が原料となり、髪を作り出すために重要な役割をする「毛母細胞」は作られています。
 栄養が偏ると、髪がパサパサになり、 ツヤや潤いがなくなってしまいます。それは、髪にきちんと栄養が行き届かなくなり、タンパク質が不足してしまうからです。また、身体の調子が悪いと、髪の毛の調子も悪くなり、かゆくなったり、湿疹がでたりします。髪も体の一部分なのです。健康な髪を保つために、髪の毛の元となる栄養素はしっかりと摂取するようにしましょう。
まずは、18種類のアミノ酸を、意識して、食べ物から摂るようにしてください。特に、大豆は良質なたんぱく質が多いので、積極的に食べると良いでしょう。
例えば、朝食に、納豆、豆腐の味噌汁、豆乳、卵かけごはんを摂れば、大豆製品がしっかりとカバーできますよね。 また、大豆製品に偏ってはいけません。肉や魚などの動物性タンパク質、野菜や果物、ひじきやワカメ、 のりなどの海藻類のビタミン・ミネラルなどをバランスよく食べ、髪も体も健康体を目指すようにしましょう。